個人事業主が法人化するメリット

インターネットが普及している現在では、工夫次第で個人事業主として生計を立てることもそれほど難しいことではなくなっています。
その中で必ずと言っていいほど迷うことになる問題が、法人化すべきかという点でしょう。

法人化するメリットと言えば、株式会社を名乗ることによって社会的信用性が増し、より取引しやすくなるということが一つあります。
以前と比較すれば、かなり個人事業主というスタイルも認知されてきており、昔ほど偏見は少なくなってきていると言えますが、やはり株式会社を名乗ることによる印象は違うものです。

もう一つの法人化メリットは、収入が増えてきたときに税金面で優遇されることです。
しかしこのメリットについては、かなりの稼ぎになってからでなければほとんど生かされないため、あまり意識しなくてよい例も多々あります。
わかりやすい基準として、年収が1000万に届きそうな勢いがあれば、考慮してみるとよいでしょう。

逆に法人化することのデメリットについても触れておきます。
現在では法人化するための資本金は1円から可能となっているものの、信頼を得るのが目的であれば、実際にはある程度の資本金が必要な点や、単純に登記申請などに手間やコストを要するという点になります。
資本金についてはなくても法人化できないことはありませんが、それくらいであれば個人事業主にとどまっていても大きな変化はないでしょう。
これらのメリットとデメリットを考慮しながら検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です