個人事業主が法人化を検討するということ

個人事業主として独立して、個人で仕事を請け負いなどして行っている人は、どのタイミングで法人化を考えるのでしょうか。また考えたほうが良いのでしょうか。
まずは、個人事業主と法人では払う税金が異なってきます。
個人で事業をしている場合は所得税を支払いますが、法人は法人税を払うことになります。この支払額ですが、おおまかに言うと所得が約900万円以下の場合は個人事業主、それ以上になると法人の方が手元に残る額が多くなるといわれています。

また法人の場合は、自分の取り分を給料として支払い、節税することが可能です。
他に法人化メリットとしては、信用の有無があります。
一般的には法人の方が信用を得やすく、また銀行からの借り入れに関しても法人の方が有利です。理由は、法人の場合は資本金という地盤の強さが登記簿謄本上で確認できるという点と、明確に経理処理をしているという点が信用につながっています。

逆に経理処理をするというのはデメリットの一面もあり、その業務の手間や人員がかかる、また法人の立ち上げ時にまとまった額の経費が発生するという点は覚えておきましょう。さらに法人の場合は、従業員が一人でも社会保険の加入義務が発生します。
自分も入るのでもちろん将来的な保険になりますが、費用は会社が半分負担するので経費が増えることは避けられません。
しかしやはり信用の有無は大きいです。まずは、個人で事業を行い軌道に乗ってきたら法人化を検討するのがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です